物件の契約を解消するなら現状回復工事を依頼|トラブルを未然に回避

作業員

住まいのリフォームとは

ヘルメットを持つ人

リフォームの意味と種類

一般的な住宅の改修工事はリフォームと呼ばれていますが、業者の中には原状復帰という場合もあります。原状復帰は賃貸物件をイメージしますが、劣化した設備や内装を新しくするという点でリフォームと原状復帰は同じです。ちょっとしたクロスの張替え、古くなった給湯器の交換というように老朽化したものを取り換えて新築時と同じような状態にするときは原状復帰になります。給排水やガスの配管、電気配線などの交換工事も原状復帰に含まれます。しかし、住宅の機能性を高める工事や間取りの変更、増改築などはリフォームと呼ばれています。例えば、新築当時に取り付けた給湯器よりも機能が高いものに交換したり、キッチンを使いやすい形状のものに交換したりする場合はリフォームになります。また、お風呂やトイレ、階段に手すりを付けたり、スロープを作ったりするバリアフリー工事もリフォームです。バリアフリー工事の場合はリフォームローンの金利が軽減されるなどの優遇制度が適用されます。家族に高齢者がいる場合は、安全な生活を確保するために優遇制度を利用したバリアフリー工事がおすすめです。家族の人数が増えたり成長すると間取りの変更、増改築などが必要になります。また、子供が成長して独立し家族が減った場合は、老後の生活のために内装を変える利便性がよくなります。このように、劣化したものを新しくしたり、ライフスタイルの変化にあわせて改修することで住み心地の良い住宅になります。