物件の契約を解消するなら現状回復工事を依頼|トラブルを未然に回避

作業者

賃貸物件を元に戻す

リフォーム工事

賃貸契約が狩猟する際の原状回復工事は、住宅の場合は掃除で十分ですが工場や事務所の場合は修理などを行う工事が必要です。依頼する際には、契約書類に明記されているガイドラインに沿って工事を発注しないとトラブルが生じるので注意しましょう。

民法上の説明

空室

現状回復とは、借りた部屋を以前の状態に戻すことです。その場合、借り主が負う現状回復義務の範囲は、使用した際に生じる賃貸物物件の劣化を超える部分になります。つまり、通常の使用によって生じた劣化ならば、借り主は修繕費を払う必要はありません。

契約時に確認

空き部屋

建物の賃貸借契約が終了して賃借人が退去する際には、入居時点に賃借人が差し入れた敷金のなから、未払家賃や賃借人が負担すべき費用などが差し引かれます。賃借人が負担すべき費用には、賃借人が賃借した部屋の原状回復の費用が含まれる場合があります。賃借人は、賃借した部屋を原状に回復する義務を負うとされています・賃借人の退去時には、畳替えやクロスの張替え、鍵の交換などの原状回復費用が請求される場合があり、原状回復費用の負担をめぐって賃借人と家主の間でトラブルとなるケースが発生しています。賃借人の居住や使用によって発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意等により損耗・損傷した部分を回復すると裁判所は判断しています。退去時に原状回復をめぐるトラブルが多数発生したため、国土交通省から「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が公表されています。賃借人が原状回復すべき部分は、賃借人が設置した家具等により床面やカーペットに発生したへこみやキズ、冷蔵庫やテレビなどの設置により変色したクロスのしみ、壁面ボードの張替えが必要なほど開いた画鋲やピンの穴などとされています。通常に生活していて生じた汚れや傷みなどの修繕費用は、家賃のなかに含まれていると考えられていますので、過度な原状回復費用が請求された場合には、仲介する不動産業者や家主と協議する必要があります。また、不動産の賃貸借契約を結ぶ際には、契約書にある原状回復の条項等を確認する必要があります。

住まいのリフォームとは

ヘルメットを持つ人

原状復帰は劣化したものを新しくすることをいいます。ちょっとした壁紙の張替えや古い給湯器の交換は原状復帰になります。劣化したものを新しくしバリアフリー工事をするなどライフスタイルの変化に合わせて改修工事を行えば住み心地の良い住宅にすることができます。